アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

大人の女

 

人間と言うのは、心がけとコツ次第で、面白いぐらい変われる。

 

良く言われることだけど、アラフォー以降の女は、変わる。

 

この力に逆らえず、落ちる人はどんどん落ちて、

外見も中身も、どっぷり「お母ちゃん」や、おばさんや、

若さを諦めきれずに整形や派手な服を捨てられないイタイ人になったり、

逆に、もう女であることを捨ててしまったような、

意識も行動もおじさんっぽい人になってしまう人もいる。

 

 

ところで、私は、

上等な大人の女に近づくべく、意識するべく行動の覚書のようなものを冷蔵庫に貼りつけて、いつも見ている(日本語なので家族は誰も読めないので、恥ずかしくない)。

 

体(筋トレ)、精神(メンタルの筋トレ)、習慣(良い習慣の取り入れ・継続)とともに、周りが私を語るときに、「あの人はこういう人」と形容する項目がこれらであってくれるように...

それぐらい「私」のイメージとしてこれらが自然になるまで、意識して取り入れていこうと思う。

 

f:id:purestrongbeauty:20170918072435j:plain

 

私が自分に応用すべく意識している、理想のアラフォー女...(意識・行動編)

 

1.余裕

ガツガツしない。浮つかない。はしゃがない。ムキにならない。

 

2.言葉遣い

流行り言葉、ヤンキー語、下品な話し方、子供じみた話し方は、卒業。

 

3. 間

1.の応用。

会話がふと止まってしまっても、無理して話したり、受け狙いをしなくていい。

相手の目を見て、狼狽えずに、その沈黙を、色気のある瞬間に変えることが出来るか?

 

4.男性は「男」として尊重

いやらしい意味ではなく、話し相手が男であるときは、誰であっても「男」、そしてそれに対する自分は「女」であることを忘れず、自分という女の華で飾ってあげるぐらいの心意気でいられるか?

 

結構、世の中の女性って、男性を男性として扱ってないような気がするので。

その証拠に、これをすると、大抵、自分も女性として大切に扱ってもらえますよ...

 

5.ポジティブ

かまってちゃんが可愛い「女の子」とはとても言えない歳になりましたからね...(笑)

悩みや問題があれば、落ち着いて考えて理論的に解決に向かうし、

必要であれば誰かに相談もするけれど、

他人のせいにしたり、愚痴を言ったり、ネガティブ思考にハマったりはしない。

 

6.プライベートを必要以上に公にしない。

 

7.自分の目標を明確にし、自分の世界を持つ。

付き合い、は最低限(リアルでも、ソーシャルメディアでもね)。

世間一般に流されない。

空気の良さ、居心地の良さに負けない。

 

////////////////////////////////////

 

今後、項目はまだまだ増えると思う。

 

10~20代の小娘だったころ、大人の女に憧れた。

体系も美貌もそれなりに維持した、明らかにもう若くない、でも、カッコいい女性。

バーで一人でお酒を飲んでいる姿が様になるような。

人生にちょっと疲れたような、色気のある女、ね(笑)

勿論その雰囲気が出せるのは、内面も大人の女なので、

何の経験もない自分には無理なのは明確で、羨ましかった。

 

無理して黒ずくめの格好をして笑われたり、

年上の男性と付き合ったり、

飲めないお酒を飲んで頑張ったりして、逆にみっともなかったなあ。

 

アラフォーの今、そういうシチュエーションにいても、

「背伸びしている」と笑われることがない、(歳だけでいえば)立場になりつつある。

それなりに、色んな経験もしてきた。

 

うわ!何か、そう考えたら、ワクワクしてきた。

もしかしたら、今すぐは無理だけど、少しずつ、昔なりたかった自分になれるかも。

昔理想だったけど手が届かなかった大人の女性に...

 

その為に日々努力していくのが、この頃、最高の楽しみだ。

 

 

 

 

海外留学は、逃げ?

この間、「中学(または高校・大学)デビュー」という言葉を思い出して、

そういや「海外デビュー」っていうのもあるな、と思った。

 

日本で色々思う事あり疲れてしまった人が

海外に留学なり遊学なりすることを「逃げ」と非難することもあるようだけど

私自身は、「逃げ?大いに結構」と思う。

 

生き方なんて、何度でも変えていい。

周りは笑ったり貶したりするかもしれないけど、それが何?

他人は貴方の人生の責任を負ってはくれない。

 

f:id:purestrongbeauty:20170910003815j:plain

 

独りよがりや、安易な選択、もしくは怠惰は勿論良くないけれど、

色々と自分なりに解決を求めて努力しているのに自分を見失っている人は、

「世界は広い」事実を思い出して。

 

貴方や周りが見ている「常識」っていうのは、

ただ単に、ある一定の地域の固定観念や、

単に先祖がやってきた行動から来る習慣である事実を思い出してほしい。

 

私自身、海外生活は20年以上になるので、

世界は広いな~と思わされた事の例には事欠かない。

その中から1つ、くだらない、でも、非常にわかりやすい例を挙げる。

 

私は冬生まれなので、子供の時、何かダサい(←死語 笑)なあ、と気に入らなかった。

冬生まれというのはなんとなく暗い感じで、夏生まれの、太陽が一杯で明るいカッコいいイメージの同級生が羨ましかった。

(小学生の頃って、ほんと馬鹿なことで悩むんだよね...)

 

それが...南半球のある国を訪れたとき、言われた。

 

「貴方の誕生日って、夏なのね!

バースデーパーティーはビーチサイドでしょう?」

 

は?

「いえいえ、冬生まれですけど」っていう言葉が喉まで出かかったとき、気づいた。

あ、そうか。

ここは、四季がまるっきり逆なんだ。

 

 

「いや、これは冬に生まれてしまった自分の運命で、今更変えられるものではない。仕方ない」とかなんとかいって諦めていたことが、

いともあっさり、夏生まれになってしまったという(笑)

 

 

可笑しいでしょ?

でもね、貴方のその悩みも、こんな感じで、

環境を変えれば、何もしなくても、そもそもこれは問題ではなかった、ってなる可能性は高い。

世界は、自分が勝手に感じていた限界を、軽々超える。

 

 

ずっと同じ場所に留まることで得られることも、勿論ある。

全員が全員日本を出る必要は勿論、ない。

留まる人がいれば、ちょっと外で色々経験してみようかな、という人がいて良し。

私みたいに、何にも考えないでただ何となく出てしまって、

それきり、これまた何となく永住(今のところ)しながらも、

祖国日本を日々思うのもいいんじゃない?

 

 

私は、ブログに自分の思いを綴ることで

海外に出るか悩む人、出た人、出てしまったけど悩んでいる人、また、やっぱり日本に留まることにした人など、ここからの視点をお届けすることで密かに応援しようと思っている。

 

 

日本が好きだ。

世界中のどの国の人より、同胞の日本人に親密感・親近感を感じる。

今、日本が息苦しくてちょっと海外に出てみようかな?と思いながらも、

「逃げ」と非難されている人、がんばれ。

結果的に行くとしても行かないとしても、

流されたり、不貞腐れて堕ちることを選ばず、

「変える・変わる」という選択肢を考えている貴方は、偉い。

 

応援しています。

一生筋トレ宣言

近所で、これからジムにいくであろう、おばあさんとすれ違った。

 

f:id:purestrongbeauty:20170904053239j:plain

 

さっと読んだら、なんてことない文章だけど...

気づいた?

 

「これからジムに行くであろう」...「おばあさん」...

 

そう。

彼女は、白髪で、顔にクッキリと入ったシワが目立つ、

パッと見で70代、という感じの方だった。

おばあさん、っていういい方は失礼かもしれないけど、

60歳はとっくの昔に越えている、という雰囲気だったので、敢えて使った。

 

しかし、背筋をしゃんと伸ばし、颯爽と闊歩するその姿は見事だった。

カッコいい現代風のトレーニングウェアに、スポーツバッグとスニーカーという装い。

タンクトップから出た二の腕には、筋肉がついていた。

 

筋肉と言うのは、正しく鍛えれば、年齢に関係なく必ず育つものだという。

ということで、始めるのは、40歳でも60歳でも全然遅くない。

やれば必ず結果が出る。それが、筋トレ。

 

思えば、この世の中、やれば必ず結果が出る、と保証されていることって余りない。

人生は平等、人生は不平等...意見は分かれると思うけれど、

私自身は、この世は大変不平等なものだと思うほうだ。

貧富の差が歴然としている国に住んでいることもあり、

出身地、育つ環境、周りの人等...自分のやる気や努力とは全く関係のない次元で、

既に生まれる前から人生における可能性が限られてしまっている人を毎日見ている。

「やる気があれば、努力すれば、何でもできる」とは、気楽に思わない。

 

話が脱線したので、筋トレの話に戻るけど...

 

私が筋トレにハマる理由の一つ。

それは、筋トレは、誰でもやれば必ず報われ、

フィジカルへもメンタルへも良い習慣を与えてくれる、

弱者・敗者やアラフォー以上の年代に希望を与えるものだからだ。

 

筋トレは、生まれもった性質や、人種のコンプレックスを取り除く。

私は日本人にしては長身で大柄だけど、

お尻だけは典型的東洋女性で、ペタンとしていた。

胴からヒップのラインがほぼ直線で、くびれ、全くなし。

しかも、肩幅が大きく筋肉質ときて、バランスが非常に悪いのが悩みだった。

でも、ヒップは筋肉なので、なんと筋トレでヒップアップが出来るのだ!

徐々に、ではあるが、筋トレをする今、夢だった女性らしいラインに近づきつつある。

 

スタイルをキープする20代・30代と言うのは全然珍しくないけれど、

それが40代となると、同世代の半部は脱落していく。

50代ともなれば、その殆どは一気に老けていき、4分の1も残らないだろう。

↑あくまでも、個人的見解です

 

ということは、

60代、70代で美しい筋肉がついた体を維持する、というのは、

もう存在するだけでもある意味「勝ち」(何の?笑)ではないだろうか。

 

冒頭の女性は、完全にこの勝ち組女性だった。

他の分野で特に快挙をあげることがなかろうと、

この体系を維持しているというだけで

「うわ、この人スゴイ」と思ってしまうから不思議だ。

いや、不思議でもなんでもないな。

ある程度歳がいってからの肉体維持は強い意志と良い習慣がモノをいうので、

大抵こういう肉体を維持できている人というのは、只者ではないことが多い。

きらりと光る生き方の秘訣を1つや2つ、持っているものなのだ。

ちょっと話してみて生き方を聞いて、参考にさせてもらいたくなる。

 

小学校でパッとしなかった子が、中学に入学と同時に髪型や自分のキャラを変えて再スタートする「中学デビュー」(高校や大学でのバージョンもアリ)みたいに、

今迄の人生でパッとしなかった人達が、

老後に「筋トレデビュー」する人が増えたら、きっとカッコいい。

 

そうやって、幾つになっても、どんな過去を過ごしてきたとしても、

「これからいくらでも良くなる」と前向きに考えられる人が

一人でも増えたらいいなあと心底思う。

その強い味方...それが、筋トレだと思う。

自分探し

「え?雨がこんなに降っているのに、ジム行くの?信じらんない!」

 

同僚の20代の女の子が、ランチタイムにいそいそと支度をする私を見て、目を丸くして驚く。

 

それにつられて、周りも私を見る。

 

f:id:purestrongbeauty:20170827080830j:plain

 

私は、余程のことがない限り、最低でも週3回はジムに行く。

雨なんて、なんてことない。恐らく台風でも行くだろう。

同僚の内では、「あの人はお昼はジム」というのは、もう暗黙の了解となっている。

 

皆、内心、どう思っているんだろう。

「意志が強いね!」「健康に気を付けていて、感心だね」が建前だけど、

本音の本音は、「アラフォーさん、体系維持に必至だね~」かな(笑)?

 そこまでしなくても、って笑われているかも。

 

でも、全然気にならない。

強がっているわけではなく、本当に気にならないのだ。

 

私は最近、「自分は、ジムに行って筋トレをするのが好きな人間なのだ」と確信を持った。

その時から、筋トレは、明確に私の人生の上での優先項目の一つとなった。

そうしたら、驚くほど、周りの反応や意見は気にならなくなった。

そして、圧倒的に、生きやすくなった。

もう資格取りとか料理の腕を上げるとか仕事で昇進するとか、そういうことはどうでもよくなり、やることとやらなくていいことがハッキリしたからだ。

 

自分が生きる上で何がしたいのかが良くわからなかった時、

つまり、俗にいう「自分探し」をしていた頃、

周りの人が持っているものや、やっていること、それらが常に気になった。

 

皆、私が持っていないものを持っているように見えて、

羨ましくて、内心嫉妬して、

影響されたり、真似したり、逆にわざと見ないようにしたり。

あれもこれも試して、努力してみて、いつも疲れていた。

いつも「これじゃない」「何か足りない」気が拭えなかった。

アラフォーになって、もう取り返しがつかないのでは?と絶望した。

 

人生でやりたいこと、というのは、壮大でないといけない気がした。

それこそ、世界平和とか、国際協力とか、社会貢献とか。

それらを、職業としてつきつめて、フォーマルな形で達成しなければいけないのでは、

と勝手に思っていた。

でなければ、結婚や出産等の、「人生の大イベント」が起きれば、その穴が埋まり、しっくりくるのではないかとも期待した。

でも、結婚しても同じだった。

子供が出来ても、同じだった。

 

 ハッキリ言って、筋トレだけでは具体的になにが「自分」なのか、まだよくわからない。

筋トレを通じた「人生でやりたいこと」が何なのかも、良くわからない。

でも、それでも確実に前進している感がある。

 

なぜ筋トレが好きなのかというと、それは、単純に運動が好きだからというのもあるけれど、やれば必ず自分の体系が理想に近づくのが楽しいし嬉しいからだ。

では、ボディメイクを通じて、本質的には何がしたいの?と言われると、答えに詰まる。

別にモデルやトレーナーを目指しているわけでもないし、自慢したいとかモテたいとかでもない。

強くてきれいな女性が好きで、それを自分なりに体現したい、が、正直な答えだろうか。

完全に自己満足の世界だ。

でも、それでいいんじゃない?と思うようになったのは、本当に最近のことだ。

前は、それに何となく気づいていても、恥ずかしくて自分自身で認められなかった。

 

自分探しなんて、自分に本当に正直に、自分の好きなことに素直になれば、

案外直ぐに見つかる気がする。

 

で、本当に好きな事を好きと認めて、堂々とやり始めると

周りは始めこそちょっとうるさくなるけど

そのうち、「あ、こいつ本気だ」と、一目置いてくれるようになる。

それが自分のキャラになる。

そして、それは、自分の好きなものであるので、自分でも違和感がなく、しっくりくる。

そう言われること、見られることが、しっくりくる。

自分、見つけた。

 

貴方は、何が好き?

 

 

 

 

 

 

文化の違い...ただの違い

軽い生理痛の日に、顔をしかめている私を疑問に思った旦那。

 

旦那「薬飲めば?」

私「いや、薬って程のレベルでもない。我慢できるよ」

旦那「...我慢?...何の修行?」

 

この国の人は、とにかく我慢と言うことをしない。

 

ちょっと頭でも痛くなると、

「薬、持ってない?」と聞く。

殆どの人が、市販の痛み止めをアメやガムかのように、常備携帯していているからだ。

で、もらった錠剤を気楽に飲む。

f:id:purestrongbeauty:20170820002940j:plain

これは、健康に関することだけではなく、

この国で、生き方全般に浸透されている考え方。

「我慢しない。好きなようにやる。結果、何か支障があれば対処すればいい」の世界。

全員が全員、じゃないですよ?勿論、例外もいます。

 

対する私。忍耐を美徳とする、日本出身。

日本人として、自分はかなり自己中な人間だと自覚していたら、なんのその...

こちらの人の中に入ったら、私などかわいいものだった。

 

 

「差し出されたものは文句言わずに受け入れ、工夫して生きる」という文化で育った私と、

「差し出されたものが嫌なら、抗議して他にしてもらうか、自分で替える」という彼ら。

 

国際結婚だと、この違いがある人と日常生活を共にしないといけないので、

ストレスが溜まることもある。

 

特に、子供を甘やかしすぎる点で、旦那とは卒中言い争いになる。

旦那だけではなく、親戚やママ友の教育方針や、学校にも不満タラタラだ。

我慢を覚えさせない子供は、自制や挫折を知らない。

とんでもない大人になりそうで怖く、日本人ママは常に戦っている。

 

でもね...批判ばかりも出来ない。

恩恵も受けているからだ。

 

我慢が出来ない自分に甘い人たちは、他人にも甘く優しい。

逆に、我慢を知る日本人は、他人にも同レベルの厳しさを要求する。

 

だからこそ日本と言う国はあれだけ基調された素晴らしい国なのだけど、

同時に、社会的ストレスに、皆が疲れている気がしてならない。

いくら国が発展しても、個人が病んでしまって自殺してしまっては...

 

この国の男性は、わかりやすいところで優しい。

妻なり彼女なりを嫌な気分にさせることはしない。

ちやほやして、甘やかせる。子供と一緒だ。

 

妻・彼女でなくとも、同僚やご近所さんや、その辺ですれ違った女性にも、

上流階級の紳士だけではなく、気合の入ったタトゥーを入れた貧困層の兄ちゃんとかが

当然のように、アラフォーおばさんの私に席を譲り、入口ではドアを開け、エレベーターでは先に出してくれる。

 

 

勿論、日本人男性も、優しい。

でも、日本人男性は、シャイだ。で、上辺っ面の優しさよりも、もっと根の部分(しっかり稼いでくるとか)で、妻なり彼女なりのことを大切にしてくれる人が多い。

素晴らしいことだし、無口でベタベタしないというのは男らしくて惚れるけど、

人生と言うのは日常生活の延長なので、

余程、精神的に大人な女性じゃないと、妻としてずっと一緒にいるのは忍耐力を強いられるだろう。

 

男性だけではない。

この国では、社会全体が他人に寛容だ。

 

妊娠初期、まだお腹がそんなに出ていない頃、

一緒にバスに同乗していた見知らぬおばちゃんが鋭く見抜いて、

席に座って寝ていた女性を「あんた、この人に席譲ってあげて」と起こしてくれた。

ベビーカーが満員電車に入っても、赤ちゃんが泣きわめいても、愚痴を言う人はいない。逆に、「かわいいね~」という目で見てくれる。子供を、あやしてくれる。

おっきいお腹でスーパーにいったら、「あんた、こっちおいで」と

レジのお姉さんが10人ぐらいすっ飛ばして対応してくれる。

お金がなくても、親戚も友達も、私を喜ばせたくて、プレゼントをくれる。

突然のストライキや交通事故で出勤時間が遅れた同僚に、上司も仲間も文句は言わない。

 

愛情を受けて育つと、他人にも抵抗なく愛情を与えるようになる。

自分がいいかげんなので、他の人が失敗しても、怒れない。

そういうこともあるよね、自分にもあったし!ってなる。

勿論、甘やかされとは区別しなくては、だけどね...

で、あまりにもぬるいと、国としての成長は難しいけどね。

要はバランス...

 

どっちが良い・悪い、ではない。

それぞれに、メリット・デメリットがある。

違うだけ。

ただ、それだけ。

 

年上の男性... 美のコーチ

「女性って、そういう色のネイル、良くするね。

でも、俺はさ、ベージュの...マットっていうの?

光らないタイプに惹かれるんだよね」

 

「それ、ネックレスかぶれ?

キスしようとした男が、引くよ」

 

「口をすぼめて拗ねる顔をするのは、やめな。

君は女でしょ?女の子じゃない」

 

「もう40?関係ないね。

あんなイイ女はいない。絶対ものにして見せる」

 

f:id:purestrongbeauty:20170813230123j:plain

 

上記は、それぞれ違う男性との、ふとした会話に出てきたフレーズだ。

上司、会社の講師、友達...

皆、その当時の私よりも、10~20歳以上年上。

4人とも、それぞれのビジネスで成功していた実力者。

 

女性の扱い方、というものに慣れた人生の経験者達は、

20代の小娘だった私に、兄心?親心?からか、色々とアドバイスしてくれたものだ。

それは決して口うるさいものではなく、下心もなく、ユーモアのセンスに優れていた。

 

こういう種の年上の男性というのは、究極の美のコーチだ。

今ならわかる。

 

対する自分は、「へー、そうなんだ」と思うだけで、

彼らのアドバイスの本質を理解する成熟さは、まだ持ち合わせていなかった。

 

派手な色のネイルをし続け、

ゴタゴタとジュエリーをつけ続け、

「かわいい」=「美」と勘違いし、

「若い」=キレイ、と思い続けていた。

 

その後、10年、20年の月日が流れ...

 

彼らのアドバイスが、

どんな女性向け雑誌やサイトの特集よりも

大人のイイ女になるために有効であったかが、しみじみ思う。

 

 

ところで、その当時、私には、ある年上の女友達もいた。

マチュア級の、スポーツ選手だった。

鍛え上げられた引き締まった体に、普段の装いはジーンズにタンクトップ。

ウェイブのかかった長い髪を自然におろし、化粧はなし。

サバサバしつつも、女らしさを感じさせる不思議な人だった。

そして、完璧に「自分のスタイル」というものを持っていた。

 

前述の最後のフレーズ、

「もう40?関係ないね。あんなイイ女はいない。絶対ものにして見せる」

と言ったのは、彼女と共通の男友達だ。

 

彼は、彼女に夢中だった。

昔から彼女に言い寄っているが、彼女からは「友達以上、恋人未満」と、軽くあしらわれていた。

 

その事を知っていた私は、ふとした会話の流れで、彼に「彼女、もう40歳になるみたいよ」と言ってみたのだ。

 

その時の彼の応答が、それ。

 

私は別に、彼のことが好きだったわけではない。

ただ、彼が、皺も一本もない若い自分には見向きもせず

アラフォーの彼女に首ったけだったので、

なんとなく面白くなかったのだ。

 

 

自分もアラフォーになってみて、ふと考える。

どうして彼が惹かれたのが、私でなく彼女だったのか。

 

答えは、いうまでもない。

筋トレの相乗効果

たまに日本へ一時帰国すると、いちいち色んな事にビックリして、

両親や友人にウザがられる自分。

 

その中の一つが、ありとあらゆるものが、「軽く、薄く、コンパクト」だということ。

これ、外国では全然普通じゃない。

 

f:id:purestrongbeauty:20170812091724j:plain

 

 

私が今住んでいる国の人達は、日本人の平均より、体のつくりが大きい。

だから、元々、男性も女性もかなり力がありそう。

気づかないんだよ...きっと...

 

だってさ、こんな感じなんだよ?

 

  • 一般家庭でよく使われているお皿、厚さ5mm、直径30cmの、陶器かガラス製
  • マグカップやグラスが、中身がない時点で既に重い
  • 30cmx20cmx10cmとかいう恐ろしいサイズのお弁当箱を、普通にOLさんが使う(しかもちっともオシャレじゃない)
  • ノートや本を一冊カバンに入れてると、肩がこる
  • 家のドアが、子供では開けられない重さ
  • でっかい普通サイズのシャンプーをジムや旅行にも携帯(旅行用のミニサイズとか、ありえない)
  • 傘が、ビーチパラソルか?ってレベル

 

.......(他にも沢山)...

 

これね、妊娠中に困ったよ...

(妊婦と言うのは、腰に力が入っちゃうので、重いものを持ってはいけないのです)

 

昔、この国でウェイトレスのバイトをしたことがあったけど、

ガラス製のピッチャー(水差し)に、1.5リットルのオレンジジュースが入ったのをお客に注げと言われ、腕が振るえて出来なかったのを、今でも覚えている。

同僚は、右手にコーヒーが入ったどでかポット、左手にこのピッチャーを持って、笑顔で接客してたな...

 

でも、私は今、筋トレにハマっている。

アラフォーにして、マニアへの階段を上りそうな予感がする。

ここへ来て、逆に、この国ではありとあらゆるものが重いのが、嬉しくなってきた。

だって、筋トレになるんだもん ♪

 

っていうか、筋トレを全然していなかった時期も、

これらのモノ達のおかげで、結構筋肉が衰えなかったような気がする。

 

----

 

物事や状況っていうのは、見方によって正反対の意味になる。