アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

はじめに

祝、40代。

 

与えられ、守られ、平和だけど義務と決まりごとで一杯の毎日だった子供時代。

生活環境も、外見も、一緒につるむ人も、オプション一切ないし。

自分では何も選べず変えられず、自分を抑圧してやりくりしなくてはいけなかった。

 

体が大きく、色が浅黒く、鼻がぽっちゃり、口と目が大きく(自慢ではなくて、「目が落ちるよ)とからかわれたりした)、「典型的日本的美人」とは全く対照的。

外見にものすごいコンプレックス。

6歳にして、学校のトイレで顔を見てはため息をつく毎日。真面目に悩んでいた。

しかも、目が悪いので眼鏡必須。可愛くない...

 

周りに合わせることに、受け入れられることに、必死。

 

少しずつ選択肢が与えられつつあるものの、まだまだ殆どのことを親や周りの指示に従わなくてはいけなくて。

でもグレるほど主張するものもないし。

クラスで一人になったり問題起こすのも面倒くさいし。

親に反抗するのもダルイ。

ただただ自分の本心は抑圧し続け、最低限の義務をこなして、後はひたすら自由な大人になることを夢見た10代。

 

ティーンエイジャー特有の、理由のない苛立ちや葛藤やエネルギー。

運動部で発散!

全国大会へ行くような強豪チームの一員となり、何もかも筋トレと根性で解決。

「体育会系女子」の出来上がり。

先輩後輩の規律を守り、イザとなったらドヤ顔もする、ヤクザのような凄みもここで培かわれる。

 

おしゃれじゃないと嫌いだった眼鏡は、コンタクト使用で解消。

ハーフモデルがトレンドとなりつつあり、コンプレックスだった「でかい・色黒・目が大きい」が突然メリットに。

人生最大のモテ期。

今思えば、部活がなかったら、非行街道(←古い)まっしぐらか、水商売予備軍だったと思う。素質あり。

抑圧された子供時代の反動。

派手な事、着飾って男遊び、ダンス、酒、たばこ、夜の街...興味津々。

でも、部活で忙しかったし、その後、ひょんなことから日本を出てしまったので、縁はなし。

 

で、外国に住み始める。一人で。

突然自由になったものの、社会は知らないことばかり。

何を目指していいのかわからずに。

取り合えず、目の前に開かれるドアを開けては試してきた20代。

嬉しい反面、今度は所属する恋人や家族や組織のない、宙ぶらりんな自分が未熟な子供のように見えて、恥ずかしくなる。

 

仕事に没頭。

仕事は、楽しい。自分で選べるし、同僚が嫌なら辞めればいいし。

なにこれ、「選択」して、自分で自分のやりたいことを選べるなんて、天国。

 

結婚、妊娠、出産。

継母になり、母になり、夫となった人の親戚が自分の親戚になり、

自分だけなんとかしてれば良い時代の終わり。

世の中は理不尽。貧富の差。生まれつきの差。習慣や思考の違い。

自分の義務だけこなしていれば良いわけでもないし、報われるわけでもない。

責任とれば何でも許されるわけではないし、第一どんなに頑張ってもとれない責任もあると知る。

親の世代とは時代が全く違うし、第一、相手は外国人。

周りのアドバイス、全く役に立たない。

社会の成り立ちを理屈でなくて肌で理解し始める(←遅いよ)。

自分の可能性や限界も見える。

 

祝、40代!

 

子供時代、変えられないと信じていた条件は、変えられると知る(内面は勿論、外見も、レーシック、筋トレ、歯の矯正等で変わった)

10代の頃に欲しかった「選択肢」を全て持つ。しかも親の許可いらないし!

20代の頃に欲しかった「経験」と「知識」と「自分がメインの家族」を持つ。

30代の頃に欲しかった「内面の成熟」を、徐々に得つつある。

 

しかも、今は、知りたかった「自分の使命・やりたい事」が何か、わかりつつある。

 

人生、自分次第でどんどん変えられる。

どんどん面白くなっていく。