アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

自分受け

 

母は昔、鏡に映った自分を見て、「キレイね~」と言っていた。

当時、彼女は30代。

 

幼かった私は、「お母さん...自分で自分をキレイって、図々しくない?おかしいよ?」

というような事を言ったと思う。

 

f:id:purestrongbeauty:20170529024108j:plain

母は笑って、こう答えた。

 

「人に『綺麗だね』って言って欲しい、って期待するほうが図々しいんじゃない?」

 

 

母は、外見も趣味も生き方も私と全くタイプが違う女で

対立もしなければ、共有出来ることも余りなかった。

でも、

幼い頃から、私を少女や娘、というよりは、『女』として話していた。

 

その頃の教えが、今鮮明によみがえる。