アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

親戚と、お金と、国際結婚

夫婦や家族や親戚間での、お金の問題。

あるよね...

 

これはもう時代や国や文化を超えて、

人間関係の悩みの種になってきたテーマなんじゃないかな?

 

f:id:purestrongbeauty:20170611025902j:plain

 

日本人同士でも、自分と経済レベルの違うと一緒になると「格差結婚」とか言われて大変なのに、

国際結婚で、しかも一緒になった人が(日本の標準と比べて)豊かでない層出身である場合、これがもう...(涙)

 

よっぽど割り切ってるか、人間的に大人か、精神的にかなりタフでないと、

日本人妻は、彼らとの習慣の違いにストレスが溜まると思う。

 

うちもそう。

旦那は貧困層出身ではないけれど、親戚には幾らかいる。

そして、うちは決して裕福ではなく、中の下の下の下...ぐらい。

共働きでやっとこさ。

持ち家もなければ、将来持てるプランもありゃしない。

私の日本の両親の援助がなければ、日本へ一時帰国も出来ないレベル。

 

でも、親戚からすれば、うちのほうが経済的には上。

援助してもらうのは当たり前(大したことしてないけど)。

でもって、やたら子供がいるんだよね...。

そして、若い女の子は未婚で職もあやふやなのに、次々妊娠する。

 

私、実はあと一人、子供が欲しいんだよね。

でも、仕事やお金のことを考るととても無理で、今までセーブしてきてた。

年齢的にもうかなり苦しいので、内心穏やかでないテーマ。

 

だから、うちらが何かしら助けている親戚が、

満悦の笑顔で、「できました~。祝って、祝って~」って感じで来ると、やるせない。

 怒りを超えて、悲しい。

 

そんなの考えずに自分も妊娠すればいいじゃん、って?

その通り。逆恨みしても意味はなし。

 

そうじゃなくて、その、何て言うのかなあ、「無責任じゃいけない...皆に迷惑かけないように、ちゃんとしなきゃ」っていう気配り?日本的発想...?

それを感謝されるどころか、気づいてももらえない。

しかも、そんなのお構いなしに、平気で妊娠。

 うーん...

 

海外生活は長いけど、日本人であることを自覚するのはこういう時。

 

「そんなの知ってて結婚したんでしょ?覚悟が足りない」

「自業自得」

「今更泣き言いうなんて、甘い」

 

その通りです。正論。

そして、こっちの気配りに気づいて?って期待するのも、おかしな論理。

貧しくったって、子供を(大勢...)持つ権利はある。

常識は、個人の固定観念

 

でも、もし、今、私の横に、同じように国際結婚して、

旦那の親戚との価値観や違いに苦しんでいる女性がいたら、

私は絶対、上に挙げた3つは言わないな。

だって、そんなの本人が一番解ってることだから。

 

勿論、結婚する前に冷静になって考えることは大切。

でも、実際は計画と違う展開になるかもしれないし、人間誰だって間違うし、

第一、そんな親戚が出てくるなんて、知らなかったかもしれない(←私の場合)。

それを今更言ったって始まらない。

 

誰にも知られず、理解されず、内心傷ついて泣いてきた貴方。

私には、貴方の痛みが分かります。

上の例はほんの一例だけど。

応援してます。

 

人間性を高める訓練だよ。

「そんなのいらない」かもしれないけど、

これを超越したら見える世界がある。

苦労は尽きずに悩みも多いけど、それを吹き飛ばせるタフさを持ち、

尚且つ、綺麗で明るい女性なんて、何ともカッコいいじゃない?

なろうよ。

 

応援してます。