アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

階級社会...に身を置く楽しみ

うちは決して裕福ではない。

月々の支払をどうやってこなすか?が毎月のチャレンジだ。

 

でも、治安の悪い国に住んでいるので、

安全の為に、都心の、高級住宅街の近く(あくまでも、「近く」ですよ)

に住んでいる。

 

田舎のほうがいいんじゃない?と思うでしょ?

それがさ、外国の田舎の危険はまさに「サバイバル」で、

銃とか使ったり、ドーベルマンとか飼ったりしないといけないから

日本出身者には、とてもとても...

あと、田舎はどうしても一軒家。

一軒家って、「どこからでも入れるよ」ってことなんで、怖い...

 

f:id:purestrongbeauty:20170618040812j:plain

夕方、自宅から徒歩20分の子供の学校に行くとき、

このエリアの中をわざと歩いていく。

 

なぜなら、洗練された建物や景色や人の中に自分を置くことで、

感化されて、気持ちがリフレッシュするから。

 

たった1、2ブロック離れただけなのに、

そのエリアに入るとあっという間に空気が変わる。

 

都心なのに、お城のような家や、超・モダンなマンションや、

ちょっとだけ中が見える中庭の美しさとか。

道端に停まっている車も高級車が多いし、

オシャレなカフェや、オーガニックのお店や。

そういうものの「上品で洗練されたキレイ」さが発するパワーみたいなもの?に癒される。

 

あとは、人。

お金とキレイは必ずしも直結しないけど、

でもやっぱり

高級住宅地あたりをうろうろする人たちは、それなりに洗練されていることが多い。

貧富の差が大きい国なので、

「上である」ゆえの誇りと、プライドと、自信。

そのレベルにあった外見を維持しようという努力も見える。

キレイを維持する為の経済力もあるからね。

 

日本にもあるのかなあ。

私は田舎育ちなので疎いのだけれど、

東京にも、洗練された人達が集まる所って、確かにあるよね。

でもいくら高級エリアでも、

日本育ちの私には、日本はどこにいても「懐かしくて哀愁漂う」になってしまうので、

自分まで美化される、みたいな感覚までは到達しない。

どんなにキレイな街並みでも、日本って、

看板や宣伝で台無しになってることが多いしね...(あれ、どうにかならないのかね)

 

私は日本出身なので、階級の違いに憧れやしがらみは全くない。

ただただ、子供の頃、雑誌やTVで見て憧れたような

キレイな景色がリアルにこんなに間近にあるのが嬉しくて、なんか信じられない。

そういう意味では、良くも悪くも、

自分や自分の過去とは全く関係のない、

外国のオシャレなエリア、というのは特別なのだ。

そのエリアを歩ける...外国住まいはしんどいけど、独自の楽しみもある。

 

....

話は戻って、高級エリアにいる人達について。

 

「あ、この人、上流階級だな」というのが分かるのは、

なにも高級品を身に着けているからではない。

ジムに通っているであろう引き締まった体系、上品な髪型。

装いはシンプルだけど、なんとなくおしゃれ。

ゴタゴタしていないのだ。

 

そして、大抵、この時間はジムに行く恰好をしている人が多い。

意識も高い。

和食レストランやオーガニックフード、緑茶やヨガなどに興味があるのも、

この層の人達の特徴だと思う。偏見もない。

「日本出身です」というと、目を輝かせて、

「私、SUSHIが大好きなの!ねえ、SUSHIとSASHIMIってどう違うの?」

等と話が弾むことが多い(笑)

外国旅行や、世界的に流行っているモノの話とかが出来るのも、この人達。

(田舎や下級層では、この反応は皆無です...日本と中国の区別もつかない人が多いから)

 

うちの旦那は裕福層ではないし、

旦那の親戚は、比較的貧しい人たちが多い。

旦那と親戚は、高級層とは、育ちも趣味も思考も全然違う。

 

私は決して裕福層出身ではないが、

そこはやっぱり、豊かな国、日本出身。

外国旅行やエスニック料理(地元の人は保守的なので食べない)の話などで、

中級上や上級の人達と、話題が合うことが多い。

逆に、旦那とは、趣味が合わないことも多い。

でも、どちらが「良い・悪い」ではなく、ただ単に「違う」だけ。

違いは楽しいし、学んだり、気づきを得ることもあるからね。

 

そういうわけで、日本人である私は階級社会に属さないので、

下級・中級・上級(あくまでも、経済的観点からいって)の

どの層の人達とも話が出来る環境にいるのだ。

時にはその差が苦労となって疲れることもあるけれど、

総合的には大変恵まれていると思う。

 

日本では簡単に出来ないことの一つだ。