アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

お手本 その2(主体性)

先述の、女性。

20代だった私に、多大な影響を与えた人。

 

この人について語ったら、私は本が1冊書けると思う。

そのぐらい、キャラ立ちしている人だ。

 

f:id:purestrongbeauty:20170625065217j:plain

 

キレイな人。

でも、彼女ぐらいのレベルの女は、この国にはそこら中いる。

 彼女の魅力は、外側の美ではない(参考になる要素も沢山持ってるけど)

また、性格や人間性に秀でている訳でもない。

ということで、中側の美、でもない。

 

では、私の「お手本」とまでなった、彼女の性質は何か?

 

色々あるけれど...

その中の一つは、「主体的な生き様」だ。

 

--------

 

彼女は、自分が魅力的であることを知っている。

で、そんなことは別にどうでもいいと思っていることが、

言いはしないけど、態度でわかる。

優越感に浸ったり、それを利用しようとかいう発想はない。

男ウケとか、どうすればモテ女になるか、とかいう次元にそもそもいない。

彼女の頭には、他人はいない。

 

だからといって、「女っぽくないサバサバした」人ではない。

「何もしないけど、元々キレイなの」な人でもない。

 

ショッピングが大好き。

服が好き。靴が好き。バッグが好き。

高級化粧品や香水が大好き。エステやネイルサロンも好き。

ダイエットもするし、ジムにも通う。

女友達と連れだって出かけることもある。

 

「綺麗だけど、さっぱりした性格なので嫌味を買わず、女友達が多いでーす」

っていうの、よく聞くでしょ?それでもない。

繰り返すが、性格美人ではないのだ。

仕事上の関係で、彼女に付き添ってある国際会議に参加した時、

彼女は、これまた会議に参加していたとある大金持ちのアラブの男性に

「飛行機チケット代も滞在費も出すから、今度自分の国で会わない?遊びに来て」

と誘われたことがある。

隣にいた私的には「!_!_!_!_!_!_」な「事件」だったけど、

彼女は余裕の笑顔で「ありがと。でも、興味ないの」。

そこで何も言わずにいれば、サバサバ美人かさっぱり美人(笑)

でも、彼女は、職場に戻ると、

皆の前で「アラブの石油王の第4婦人になれるところだった」と笑って語る。

自慢、というよりは、あー面白かった、みたいな感じで。

 

美人で性格も良くて仕事もそつなくこなす女、なんて、

聞こえはいいけど、つまらない。

そんな世間が作った「型」には、はめることが出来ない。

 

彼女は、雑魚は相手にしないし、嫌なことはやらないし、他人の都合は気にしない。

「皆さんとそつなく楽しくやっていきましょう」という発想もない。

でも、一匹狼的発想もない。

トイレ友達・ランチ友達はいないけれど、

「私、群れずに自立したカッコいい女なの」でもない。

 

自分がキレイかどうかとか、他人がどう思っているか、なんてことより、

ただ単に、ショッピングや仕事(=お金)やバカンスの予約など、

自分が欲しいモノをどうやって得るか、計画を叶えるか、で常に忙しい。

そんな人。

 

どこがお手本?

勿論、彼女の全てがお手本な訳ではない。

でも、彼女は見事なまでに、他人に惑わされずに自分の人生を生きていた。

 

主体的に生きるのは、自己中であることと似ていて、全く違う。

下手すると、只のお子様ワガママ女子になるので、難しい。

そして、私達日本女性が一番苦手なテーマであるような気がする。

 

日本語で「キレイになる方法」関連のまとめを見ると、

気が利く女になりましょう、とか、

言葉遣いに気を付けましょう、とか

笑顔を絶やさずにいましょう、とかある。

勿論それらはとても大事な事。

でも、何かなあ...弱々しい感じがするのだ。

そんなんじゃなくて、もっとドーンとした、圧倒的な魅力...を得るには?

そんな考えでいた20代の私に

主体的に生きることが不思議と魅力につながることを

目の前で、何のてらいもなく、さらっとやってのけた女が彼女だった。

 

(つづく)

 

..