アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

40歳からの生き方

40歳というのは、「節目」だ。

ここでの気持ちの持ちようや覚悟が、今後の人生を変えると思う。

 

20代のある日、ふとしたイベントで、日本人女性と知り合いになった。

エンターテイメントの世界で仕事をする、美しい人だった。

私より、10歳年上。

ゆっくりおっとりとした話し方や、低い背と華奢な体からは想像のつかない、

一本筋の通った、カッコいい生き方をしていた。

 

この国に住む日本人は少ない。

以後、実際に会うのは数年に一回ぐらいの頻度ではあったけど、

ふと思い出すとメールをする等コミュニケーションを絶やすことはなく、

この国で生きる同胞の先輩として、彼女を姉のように慕ってきた。

 

f:id:purestrongbeauty:20170730101228j:plain

 

それから20年の月日が経ち...

アラフォーになった私は、

転職をするかしないかで、彼女に電話で相談をしていた。

 

「...やっぱり自分もこんな歳になりましたし、子供もいるし、

そろそろ将来を見据えて、落ち着いたほうがいいと思うんですよね...」

 

その時、彼女は穏やかに笑いながら、こう言った。

「え?そんなこと考えてるの?」

 

アラフィフの彼女にそう言われたとき、

自分の中で何かが弾けた感じがした。

あ、確かにくだらない。

自分、そんなこと考えていたんだ。

 

その言葉がきっかけとなって、

転職をすることを決意したのは言うまでもなく、

これからの人生、まだまだ攻めていける、と思い直すことが出来た。

 

40代は、全面的に守りに入るには、まだエネルギーが有り余っている。

今迄の人生が、基盤作りと準備体操だとしたら、

これからの10年が本番だ。

まだ何でもできる。

これから何かを始めようとしても、まだ間に合う。

何でも10年やれば、専門家だ。

 

何て楽しみなんだろう。

今は、これから挑戦できることを、ワクワクして考えている。

 

アラフィフになった自分が、

今のこの日を思い出してニッコリ笑えるよう、

これからの10年、頑張りたい。