アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

完璧な不機嫌より、ご機嫌なそこそこOK

ママがフルタイム勤務をすると、とにかく時間が足りない。

お手伝いさんがいるとか、実母と同居とかの羨ましい人達を除いて…

f:id:purestrongbeauty:20170805083327j:plain

 

 

 

 

 

私は結構キレイ好きなので、

家が散らかってたり汚れてたりすると、掃除をせずにはいられない。

 

料理も、子供に栄養のあるものを食べさせようと思うと、

バランスのとれた2、3品を毎回作ることになる。

 

小学生の息子は毎日泥だらけになって帰ってくるから、洗濯をしないといけないし。

 

ベランダの植木も、水をあげないと枯れちゃう。

 

その他にも、買い物や支払いや手続きや…

「やることリスト」の項目は、エンドレスに続く。

 

数年前、これらの「ノルマ」をこなすのに精一杯で余裕がなくて、

いつもイライラしている自分がいた。

 

家のことや家族の世話で、結構な気力と体力を取られるので

その後出勤しても、昔のように、仕事に思いっきりハマることが出来ない。

 

逆に、仕事を終えて家に帰るとクタクタで、

一人で静かに過ごしたくて、

旦那や子供がうっとおしいと思う自分がいた。

 

自分も周りも、どんよりとしていたと思う。

誰もかれもが報われなかった。

 

でも、アラフォーになったある日、ふと力が抜けた。

転職して(給料は減ったけど)働き方がゆるくなり、下の子が小学校に入り、

少し時間が出来たことがキッカケかもしれないけれど、

勝手に自分に「忙しいし、優先度が低いから、ダメだ」と制していたことを、

許すようになったのだ。

 

それらは、こんなこと。

  • ジム通い
  • 高額でない、ちょっとした自分用の買い物(ジム用のシャツとか、ピアスとか)
  • ネット小説
  • 誕生日等を迎えた友達と、ランチやお茶
  • ママ友と、家飲み会
  • ブログ執筆
  • ネイル

 

かなーり、ささやかでしょ?

でも、こういうことが出来なくなるほど、

自分で自分を追いつめてしまっていたんだよね。

別に誰に言われたわけでもないのに、

くっそ真面目に…(笑)

 

死ぬ間際になって、

「仕事も家事もちゃんとやったけど、いつもイライラで被害者意識でいたなあ」

と思いたいのか、

それとも、

「仕事はそこそこ、家事も最小限だけど、とにかく毎日を大事に、楽しく生きたなあ」

と思いたいのか…

 

勿論、料理が好きな人、家事を生きがいにしている人、色々いると思うし、

どこが「譲れない」か、どれを「そこそこ」にするか、は人それぞれ。

その辺は自分で良く考えたうえで、

不機嫌やイライラを無くそうよ。

 

そんな大事に捉えなくても、

案外周りは、貴方にそんなに厳しくないし、

毎日家事を完璧にして欲しいなんて、期待していないと思う。

旦那さんや家族は、貴方のささやかな楽しみを悪く思わないと思う。

そんなことより、「機嫌が良くてキレイ」な

妻や母や同僚や近所の人、になるほうが、周りは絶対喜ぶよ。

 

完璧な不機嫌より、ご機嫌なそこそこOK...

お勧めです。