アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

悪いこと禁止、ではなく、良いこと習慣化

週三回、ジムに行く。

お菓子や炭水飲料を摂らない。

タバコ、ギャンブル、お酒をやらない。

 

こう言うと、人は、「意志が強いんですねえ」と褒めてくれる。

苦労して、我慢して、自己規制してストイックだ、と思うらしい。

 

いや、全然。

私は逆に、自分に甘~い、意志の弱い人間だ。

我慢が苦手で、楽なやり方に流れる。

 

ではなぜ、上記が可能なのか。

それは、良いことを習慣化してしまっているから。

悪習に目がいかずに良い習慣に目が行くように、

ちょっとしたコツで自分を誘導しているから。

 

なんてことない、子供に使うような、簡単なトリックですよ。

 

f:id:purestrongbeauty:20170809065552j:plain

 

空腹時に、意志の力で目の前のジャンクフードを避けることは、至難の業。

少なくとも、私には出来ない。食べちゃう!

なので、家には悪質な食物はストックしないでおく。

逆に、ゆでたブロッコリーとか、おにぎりとか、そういうものを直ぐつまめるようにしてある。

それか、毎回取るべき食事を、良質な満足できるものにする。

 

これ、元々は子供にジャンクフードを食べさせたくなくて考えた案。

それが、結局自分にも効いている(笑)

 

手元になければ、お菓子を食べることはない。

逆に、手元にあれば、特に欲しくなくても手が出るものだ。

 

 

これ、浮気や不倫の罠に落ちないように、応用できると思うよ。

誘惑に陥りそうな状況を前もって予想して、意識して避けるのだ。

夜遅くまで職場に残らないとか、男性と二人で出張に行かないとかさ。

良質なモノ(=パートナーとの時間)を充実させるのもいい。

誘惑されるのは、意志が弱いからじゃなくて、

「良からぬことが何か出来る状況」に自分を置いてしまっているから、

ってことが案外多いと思う。

 

 

私のジム通いが続いているのは、

職場の近くに替えて、ランチタイムに行くようにしただけ。

もともと筋トレは趣味なので、家の近くのジムの会員にもなっていたのだけれど、

一旦家に帰ってしまうと面倒で、家事や育児を優先してしまい、

結局行けないことが多かった。

今は、天候にも気分にも関わらず、12時になったら、何も考えずに行く。

殆ど機械的だ。

体を動かす気持ちよさは、いい意味で中毒になる。

どうせ中毒になるのなら、こっちのほうがいいでしょ?ってか、しめたもの。

会議とかでいけない時は、体がなまっていて気持ち悪い感じ。

 

ムチより、飴のほうが簡単。

禁止されてネガティブにストレス貯めるのではなく、

動機付けされて自然とそちらに向かってしまう方法を見つけると、ほんとに簡単。

 

 

ダイエットも、あれも駄目これも駄目ではなく、

良質なものをOK!にして、

ビヨンセの写真でも冷蔵庫に貼っとくとやる気出るよ、って話。

 

 

目下、私の課題は、寝る前のスマホ

これ、体に悪いのに、楽しくって止められない。

ほんと、中毒だ。

誘惑と戦っても無駄なことは承知なので、

それよりも他に興味をそそられることに自分の気をそらさせることがコツだ。

何かいい案がないかな...