アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

年上の男性... 美のコーチ

「女性って、そういう色のネイル、良くするね。

でも、俺はさ、ベージュの...マットっていうの?

光らないタイプに惹かれるんだよね」

 

「それ、ネックレスかぶれ?

キスしようとした男が、引くよ」

 

「口をすぼめて拗ねる顔をするのは、やめな。

君は女でしょ?女の子じゃない」

 

「もう40?関係ないね。

あんなイイ女はいない。絶対ものにして見せる」

 

f:id:purestrongbeauty:20170813230123j:plain

 

上記は、それぞれ違う男性との、ふとした会話に出てきたフレーズだ。

上司、会社の講師、友達...

皆、その当時の私よりも、10~20歳以上年上。

4人とも、それぞれのビジネスで成功していた実力者。

 

女性の扱い方、というものに慣れた人生の経験者達は、

20代の小娘だった私に、兄心?親心?からか、色々とアドバイスしてくれたものだ。

それは決して口うるさいものではなく、下心もなく、ユーモアのセンスに優れていた。

 

こういう種の年上の男性というのは、究極の美のコーチだ。

今ならわかる。

 

対する自分は、「へー、そうなんだ」と思うだけで、

彼らのアドバイスの本質を理解する成熟さは、まだ持ち合わせていなかった。

 

派手な色のネイルをし続け、

ゴタゴタとジュエリーをつけ続け、

「かわいい」=「美」と勘違いし、

「若い」=キレイ、と思い続けていた。

 

その後、10年、20年の月日が流れ...

 

彼らのアドバイスが、

どんな女性向け雑誌やサイトの特集よりも

大人のイイ女になるために有効であったかが、しみじみ思う。

 

 

ところで、その当時、私には、ある年上の女友達もいた。

マチュア級の、スポーツ選手だった。

鍛え上げられた引き締まった体に、普段の装いはジーンズにタンクトップ。

ウェイブのかかった長い髪を自然におろし、化粧はなし。

サバサバしつつも、女らしさを感じさせる不思議な人だった。

そして、完璧に「自分のスタイル」というものを持っていた。

 

前述の最後のフレーズ、

「もう40?関係ないね。あんなイイ女はいない。絶対ものにして見せる」

と言ったのは、彼女と共通の男友達だ。

 

彼は、彼女に夢中だった。

昔から彼女に言い寄っているが、彼女からは「友達以上、恋人未満」と、軽くあしらわれていた。

 

その事を知っていた私は、ふとした会話の流れで、彼に「彼女、もう40歳になるみたいよ」と言ってみたのだ。

 

その時の彼の応答が、それ。

 

私は別に、彼のことが好きだったわけではない。

ただ、彼が、皺も一本もない若い自分には見向きもせず

アラフォーの彼女に首ったけだったので、

なんとなく面白くなかったのだ。

 

 

自分もアラフォーになってみて、ふと考える。

どうして彼が惹かれたのが、私でなく彼女だったのか。

 

答えは、いうまでもない。