アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

一生筋トレ宣言

近所で、これからジムにいくであろう、おばあさんとすれ違った。

 

f:id:purestrongbeauty:20170904053239j:plain

 

さっと読んだら、なんてことない文章だけど...

気づいた?

 

「これからジムに行くであろう」...「おばあさん」...

 

そう。

彼女は、白髪で、顔にクッキリと入ったシワが目立つ、

パッと見で70代、という感じの方だった。

おばあさん、っていういい方は失礼かもしれないけど、

60歳はとっくの昔に越えている、という雰囲気だったので、敢えて使った。

 

しかし、背筋をしゃんと伸ばし、颯爽と闊歩するその姿は見事だった。

カッコいい現代風のトレーニングウェアに、スポーツバッグとスニーカーという装い。

タンクトップから出た二の腕には、筋肉がついていた。

 

筋肉と言うのは、正しく鍛えれば、年齢に関係なく必ず育つものだという。

ということで、始めるのは、40歳でも60歳でも全然遅くない。

やれば必ず結果が出る。それが、筋トレ。

 

思えば、この世の中、やれば必ず結果が出る、と保証されていることって余りない。

人生は平等、人生は不平等...意見は分かれると思うけれど、

私自身は、この世は大変不平等なものだと思うほうだ。

貧富の差が歴然としている国に住んでいることもあり、

出身地、育つ環境、周りの人等...自分のやる気や努力とは全く関係のない次元で、

既に生まれる前から人生における可能性が限られてしまっている人を毎日見ている。

「やる気があれば、努力すれば、何でもできる」とは、気楽に思わない。

 

話が脱線したので、筋トレの話に戻るけど...

 

私が筋トレにハマる理由の一つ。

それは、筋トレは、誰でもやれば必ず報われ、

フィジカルへもメンタルへも良い習慣を与えてくれる、

弱者・敗者やアラフォー以上の年代に希望を与えるものだからだ。

 

筋トレは、生まれもった性質や、人種のコンプレックスを取り除く。

私は日本人にしては長身で大柄だけど、

お尻だけは典型的東洋女性で、ペタンとしていた。

胴からヒップのラインがほぼ直線で、くびれ、全くなし。

しかも、肩幅が大きく筋肉質ときて、バランスが非常に悪いのが悩みだった。

でも、ヒップは筋肉なので、なんと筋トレでヒップアップが出来るのだ!

徐々に、ではあるが、筋トレをする今、夢だった女性らしいラインに近づきつつある。

 

スタイルをキープする20代・30代と言うのは全然珍しくないけれど、

それが40代となると、同世代の半部は脱落していく。

50代ともなれば、その殆どは一気に老けていき、4分の1も残らないだろう。

↑あくまでも、個人的見解です

 

ということは、

60代、70代で美しい筋肉がついた体を維持する、というのは、

もう存在するだけでもある意味「勝ち」(何の?笑)ではないだろうか。

 

冒頭の女性は、完全にこの勝ち組女性だった。

他の分野で特に快挙をあげることがなかろうと、

この体系を維持しているというだけで

「うわ、この人スゴイ」と思ってしまうから不思議だ。

いや、不思議でもなんでもないな。

ある程度歳がいってからの肉体維持は強い意志と良い習慣がモノをいうので、

大抵こういう肉体を維持できている人というのは、只者ではないことが多い。

きらりと光る生き方の秘訣を1つや2つ、持っているものなのだ。

ちょっと話してみて生き方を聞いて、参考にさせてもらいたくなる。

 

小学校でパッとしなかった子が、中学に入学と同時に髪型や自分のキャラを変えて再スタートする「中学デビュー」(高校や大学でのバージョンもアリ)みたいに、

今迄の人生でパッとしなかった人達が、

老後に「筋トレデビュー」する人が増えたら、きっとカッコいい。

 

そうやって、幾つになっても、どんな過去を過ごしてきたとしても、

「これからいくらでも良くなる」と前向きに考えられる人が

一人でも増えたらいいなあと心底思う。

その強い味方...それが、筋トレだと思う。