アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

生活感のない女

「生活感がない」女とは、どういうヒトだろう?

 

f:id:purestrongbeauty:20171012085855j:plain

 

 

ほめ言葉か、けなし言葉か...

解釈の仕方は色々あると思うけれど...

 

私自身は、「貴方は生活感のない女性だね」と言われたら、凄く嬉しい。

20~30代だったらちょっと微妙だけど、

40以上になってこれを言われたら、

「貴方は所帯じみておらず、誰かの妻や母である前に、一人の女性として見えますよ」ということだと、都合良く解釈できるじゃない?(笑)

 

もはや最高のほめ言葉の一つだ。

 

 

生活感がない、とは、生活のごたごたや所帯じみた匂いがしない女...

何とも憧れる。

日常のゴタゴタ感にまみれて、

生活感どこじゃない、生活臭くなりがちなのが、普段の自分だからね!

 

欲を言えば、「ぱっと見はちっとも生活感のない女、でも、実は家事・育児なんでもこい、の肝っ玉母さん」になりたいな。

そのギャップが、最高の魅力になると思うから。

 

「肝っ玉母さん」というけれど、別に結婚してなくても、子供がいなくても、関係ない。

要は、40ぐらいになったら、いざとなったら男でも子供でもどーんと面倒みれますよ、という母親のような包容力を持つ女、ね。

 

ところで、肝心なのは、「いざとなったら肝っ玉」っていうところ。

見かけから「肝っ玉」なのは、論外(笑)

それだと、ただの「お母ちゃん」か「おふくろさん」道まっしぐらだ。

私に「お母さん」を感じる必要があるのは、私の子供だけでいい。

世間一般にそう思われる必要はない。

 

見た目「生活感がない」、でも、中身「肝っ玉」を目指して、がんばります!