アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

自信

定期的に、プレジデント社の総合情報サイトをチェックしている。

f:id:purestrongbeauty:20170802055645j:plain

オンラインサイトを一通り見て、興味をそそられる記事のうち、3~5つぐらいをクリックして見るのだ。

 

今日はまず、これが目に入った。

president.jp

 

記事の詳細をみるまでもない。

私みたいな、「美女鑑賞おたく」(笑)には、答えは明確だ。

 

そりゃ、自信があるから、に決まってます。

 

記事を開いてみると、ピンポーン!正解(笑)(詳しくは記事を見てね)

 

そうなのよ。

幾ら外見が良くても、「わたしなんか...」って暗ーい思いを抱く人というのは、ちっとも魅力的に見えない。

そんな人とビジネスをしたいと思う人はいないし、友達にもなりたくないだろう。

結果的に、社会的に成功する確率は低くなってしまうのだ。

だから、自信は侮れない。

 

自信を語るとき、避けられないテーマがある。

海外にいると、毎日のように実感すること...

それは、謙遜を美徳とし、奥ゆかしい日本人の、

「自信満々でいると、叩かれる・いじめられる・失敗した時に大変・図々しいと思われる」という見方だ。

 

和を大事にする日本人は、いつも互いを見ている。

劣った人は助けるけれど、自分より優れている人は、なんかズルい気になる(笑)

それで他人に足を引っ張られたりして、痛い思いをした人は多いだろう。

だから、無意識に、「自信満々でいるのは危ない」という自己防衛能力が働いてしまうんだよね(私もそうですよ)

 

「自分なんてまだまだ!未熟者」というのは、いかにも聞こえがいい。

でも、単なる謙遜ならまだしも、日本人はそこから「自分はまだ駄目だ」とダメ出しが止まらず、どんどん下がっていって、結果、自己卑下になってしまうことが多い。

気を付けよう。

 

自信とは、偉そうにすることではない。

自己アピールでもない。

他人との比較から生まれる自惚れでもないのだ。

 

私は、この「自信」が欲しくて、若い頃から色々と試行錯誤してきた。

海外に住んでいるので、やはり大人しく慎ましく謙遜しているだけでは、なめられるし相手にされないことが多かったからだ。

 

試行錯誤してアラフォーになった今、やっと実感として、

キレイと成功に繋がる本物の「自信」とはなにか、自分なりに理解しつつある。

(この見方が正解かどうかは別として、私なりに納得した概念が出来た♡、ということね)

 

「キレイ(自信)→成功」のからくり。

私なりの言葉で表現するとしたら...

 

「自分が成りたい目標とする自分像が、具体的にわかっている。

それに向かって具体的に行動している。

その進歩を、多少なりに、実感できている。

未来は今より良くなるという希望があり

「自分、いい感じ」という静かな自己肯定感と

自分の人生の主人公として歩けている、充実感

いい意味で自分のことにのみ集中しているので

他人や世の出来事に無駄に惑わされない。

これら全てから来る、心の安定感」

 

これを持つ人が本質的に「自信がある人」となり、

その自信(落ち着き)が人をキレイに見せ、他人を魅了し、

結果として、たいがいの事に成功しやすくなっているのだと思う。

 

どうして自信満々でもちっともキレイじゃない人や、成功しない人がいるの?という問いにも、これで答えが出るのではないかな?

自信とは、偉そうに威張り散らすことではない。

成功は、単なるお金儲けではない。

他人との比較から出る、一時限りの優越感でもない。

そして、やっぱり、所詮10~20代では、手に入らないことが多いのだ。

 

ある程度歳をとった人のみ、それも全員もれなく持つことが出来る特権。

それは、人生経験を積んだからこそ出る、奥行きから来る自信。

 

言い換えれば、

貴方がいままでどんな人生を送ってこようと

どんなバカなことをして、どんな失敗をしたとしても

結果、自分の人生に全然納得できていなかったとしても、

自信を喪失してはいけない。喪失する理由にはならない。

失敗も嫌なことも後悔も含め、それらを「経験してきた」自信に変えよう。

貴方の人間としての奥行きとするべく昇天し、キレイに変えよう。

(加えて、筋トレして外見も磨こう 笑)

 

 

今からでも、キレイになれる=成功できる。

人間は、状況や経験が負であっても、それをキレイなものに出来る能力を持っている。

自分の心の在り方次第で、事実は面白いほど好転していく。