アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

夏木マリさん

どうして今まで、この人に気づかなかったのだろう。

夏木マリさん。

 

アラフォーでも、アラフィフでもない、アラ還。

彼女を良く知らない人は、まずは、写真を検索して見てみるといい。

 

美人...プラス、貫禄...プラス、茶目っ気?...プラス...迫力...プラス...

 

もう一度言う。この方、60歳をとっくに過ぎておられる。

アラフォーの私なんて、彼女の娘の年代だ。

言葉が出ない、とはこのことだ。

脱帽、そして、尊敬。

正座して、背筋を伸ばして、教えを請いたくなる(笑)

 

彼女は、40歳になってから方向転換して、自己発見したそうだ。

「やっとやりたいことが、40代で見つかりました」だって。

 

 

私の敬愛する寺田恵子さんは、まだアラフィフだ。

ってか、「まだ」!

 

しみじみ嬉しい。

まだまだ、心の糧になる、美しいカッコいい先輩方が沢山いる、と思えること。

 

そういえば、先日、高峰秀子さんについての本を読み、

なんと大人でカッコいい女性が昭和にいたのだろう、と感服した。

岸恵子さんのエッセイを読んだときにも、そう感じた。

お二人とも、その当時の日本を代表する美人女優・大女優。

でも、あれだけの美貌と栄光を手にしながらも、

女優としての自分達のことよりも

人生の他のことについて、実に深いテーマで考えを綴っている。

 

f:id:purestrongbeauty:20180311235436j:plain

 

日本には、あまりお手本になる女性がいない、等と生意気な考えでいたことを、今ここで撤回する。

 

これからは、同胞のキレイな女性を昭和に遡って追及し、その在り方から学ぶ楽しみもあるな。

何といっても、同じ日本人なので、価値観や習慣上、共通出来るものが多々あるのだ。

応用もしやすいだろう。

美人鑑賞及び分析は、一生続けていけて、自分を高めることが出来る、最高の学問であるとさえ思う。