アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

ミニマリストと、エレガントと

私の祖母は、戦後何もない時期に苦労したからか

その後日本が豊かになっても、物が捨てられない人だった。

 

というわけで、祖父母の家には、モノが溢れていた。

 

飾り棚には、日本人形、置物、陶器が飾られ、

壁には絵画、写真、刀、賞状などの掛物...

本棚には本がぎっしり。

冷蔵庫もクローゼットも、常にパンパン。

更には、使用後のヨーグルトの容器やお菓子の箱までもが大事に保管され

わざわざそのための小部屋のようなものもあったぐらいだ。

「何かの役に立つかもしれない」と。

 

その娘、即ち私の母は、その逆を行くミニマリストだ。

f:id:purestrongbeauty:20180513053436j:plain

 

 

私が生まれ育った家は、祖母の家とは対照的な、超シンプル・モダンな空間。

ラボラトリーのようなキッチンやバスルーム。

シーツやタオルや下着は必ず白。

清潔で、整理整頓が行き届いており、無駄が一切ない。

 

母は、あっけからんとしていて、モノへの執着心が皆無だ。

溜めない、買わない、持たない。

家には、いつも必要最低限のモノしかなかった。

食料品でも衣服でも、母はセールに踊らされた買いだめというものを絶対にしない。

「フランス人は10着しか服を持たない」という本があるが

それを昭和の日本で地でいく女が、うちの母だった(今でもそうだ)。

 

どちらが良いか悪いかではない。

好みの問題、生き方の問題、価値観の問題だ。

別にどちらでも、自分が気持ちよく納得して生きれるのであれば、それが正解。

 

私は、祖母と母の中間ぐらいだ。

母ほどのミニマリストではない。

下着もタオルも派手な色が好みだ(笑)

ただ、ごちゃごちゃとモノが溢れる空間は苦手、という程度。

(第一、掃除が大変!)

 

 

あわよくば

 

モノは素敵だけど、家は素敵だけど...と思われるより

 

モノなんかに目が行かない程、貴方が鮮やか

家はシンプルだけど、貴方という存在が何よりの飾り

 

って思われるのが理想だ。

 

「勿体ない」のエコ精神で、多くのモノにこだわった1代目(祖母)

ミニマリストで、合理化と洗練にこだわった2代目(母)

.......

3代目の私は、もはや空間よりも、自分そのものにこだわりたい。