アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

自己啓発のススメ

「清く・強く・美しく」あるためには、健全なマインドが不可欠だ。

 

外見を筋トレで磨くことも重要だけれど、

中身(マインド)が澱んでいると、瞳が濁るからね。

頭の中もデトックスさせて、良質なものを入れなくてはいけない。

 

f:id:purestrongbeauty:20180624062226j:plain

 

健全なマインド維持の為に、カウンセラーに通うのが珍しくない今日この頃。

家族や友人に負担をかけない為に、専門家・プロに頼るのはいいと思う。

ただ、私は時間的・金銭的に余裕がないし、カウンセラーとの相性ってものもある。

カウンセラーとて同じ人間、万人に向いているとは限らない。

 

身近に、とても優秀で、プロとしても友人としても心から尊敬しているカウンセラーが2,3人いる。

だからカウンセラーが苦手なわけでは決してない。

でも、有難いことに、私にカウンセラーの必要はない。

なぜなら、あくまでも私の場合に限ったことだが、

自己啓発書やブログが、その代わりを果たしてくれているからだ。

 

私は、小学生の頃から、父親の書斎で自己啓発書や実用書を読むのが好きだった。

今は本当に良い時代だ。

気になる自己啓発書は、買わなくてもアマゾンの紹介ページや読書ブログでまとめや目次のタイトルを読むだけで、既にヒントをたくさんもらえる。

自己啓発ブログはそれこそ無限にあるし、いつでも新鮮なものを読める。

 

移動時間を利用して、お気に入りの自己啓発ブログを2,3か所毎日チェックするようにしている。特に、朝の出勤時間。

帰宅時の移動中は、新しいブログを開拓する。

これらのブログが、気持ちをリフレッシュし、新しい気づきをくれ、やる気を高めてくれる。

まるで、パーソナル・アドバイザー、カウンセラー、トレーナー、ヒーラーなどを一気につけたような感覚だ。

 

好きなブログや記事はじっくり読み、合わないと思うものは読まない。

私はクリスチャン(プロテスタント)なので、基本的に「人生の目的がわからない」系の深い悩みはないし、人間関係や経済的な悩みなどもそれなりにマネージ出来ている。

「宇宙の真理」とかを謳うスピリチュアル的なものには興味はないし

「いかに楽して周りを蹴散らして自分だけ一等になるか」などという虚しい成功論にもなびかない。

 

ただ、

「アラフォー以降もキレイで在り続けるには」

「前向きにオシャレに生きるには」

「やりたいことをして豊かに生きる働き方とは」

「仕事で失敗したらどうやって立ち直るか」

などという超・具体的なテーマで効果的なヒントを求めて、

今日も自己啓発ブログを読む。

もう長年、少なくとも10年ぐらいは続けている習慣だ。

 

これだけ自己啓発オタクになると、悟ることがある。

世間には沢山の教材(?)が溢れているけれど

結局は皆、同じことを言っている、と。

その表現の仕方や、実証している分野が違うだけで、

成功する・上手くいく・効率の良いやり方、というのは本当に存在するのよね。

 

どこも似通った当たり前のことを言っている自己啓発書やブログを

いつでもいつまでも訪問して読んでいるのが習慣になっている私みたいなのを

自己啓発ノマデ」等と呼んで、揶揄することもあるらしい。

でも、私は「別にいいじゃない?」と思う派だ。

 

私は、この手のブログを日常的に毎日「摂取(目を通す)」することは

筋トレや歯磨き、サプリや入浴と同じ、と見る。

即ち、人生で一回だけドーンとやれば良しでそれで終わり、ではなく、

毎日毎日、継続的に、習慣化させてこそ意味があるものと見る。

だんだん、その考えや行動パターンが「当たり前」になっていくからね。

そうなったらしめたもの。

私の存在と理想の境目がなくなってくるということだから。

 

大体ね、自己啓発に興味があるということは、人生に前向きである証拠だ。

それだけで喜ばしいじゃない?

 

私のこのブログには、他のブログや本から教わったことが沢山登場する。

自分の心に響いたものを、改めて咀嚼し、吸収し、実感し、また自分なりに発信するようにしている。

例え他の誰にも役に立たないとしても

自分の為に書き起こすことで、更に自分の中に深く浸透する気がするからだ。