アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

期間限定のカッコよさ?それとも、恒常的なカッコよさ?

10~20代の頃は、オプションが無限にある服やら靴やらバッグやらの中から

どれくらい素敵なものを見つけることが出来るか、

そして、それらをいかに趣味良くセレクト&コーディネートして

身に付けたり着こなしたりできるか

「キレイになる」「あか抜ける」「カッコよくなる」とは、そういうことだと単純に思っていた。

 

スタイリストやセレクトショップのスタッフというのはそのお手本で、

どこどこの店に行けばどういうアイテムがあって、最新モデルや新しい色が出て、などの情報に敏感な人や詳しい人は「オシャレさん」と呼ばれる...そう思っていた。

 

恐らく、大半の人もそう思っているだろう。

だからこそ、ファッション雑誌やサイトが巷に溢れるわけで。

 

それは決して間違いではない。

 

 オシャレを追求する人たちは、そんなことはどうでもいいと思っている人達よりも魅力的で、とても好感が持てる。私は好きだ。

自分としても、いかに自分スタンダードでいつまでもキレイでいられるかに興味があるので

「外見なんてどーでもいいわ」という人たちとは、馬が合わないことが多い。

貴方が今20~30代だとしたら、「え?外見なんかどうでもいい人いるの?」と思われるかもしれないけれど

40代以降は、なぜか大半がそうなってしまうんですよ...

 

でも、最近思うのだ。

20~30代の「トライ&エラーの総計結果」として

40代の今、確信をもって社会に伝えたい私の主張の一つなのだけれど

 

オシャレであることやセンスがいいこと

そこからくるカッコよさというのは、ある一定の期間限定だ。

だから、それをキープするには、常にアップデートしなくてはいけない。

 

無駄だ、と言ってるのではないよ?

でも、これでカッコよくなるには、ある程度の経済力と精神の余裕が必須。

古今東西・年齢を問わず・格差関係なくフレンドリーなやり方ではない。

 

この20年間ぐらいの間、数えきれない数の「カッコいい人」を観察して気づいたこと。

カッコいい人達には、2種類ある。

 

1.旬なときだけ、または、条件が合った時だけカッコいい人たち

2.常にカッコいい人たち

 

1は、上記で述べたようなオシャレさんだ。いわゆる、センスのいい人達。

 

ファッションリーダーや、流行に詳しい人達。素敵な着こなしで、持ち物もクールで。

ただ、帰宅して、その素敵な衣装を脱いで部屋着に着替え、メイクを落として、寄せて上げるブラを外し(笑)、お菓子をつまみながらソファーでくつろぐ時には、別人になってしまう。

ビーチサイドや温泉、キャンプやアウトドアなどでは力を発揮できないし

環境が変わったり、加齢、人生の難題、貧困などが襲ってくると、そのカッコよさをキープするのは途端に難しくなる。

カッコいいのは、着こなしや見せ方がクールな時の自分だからだ。

第一印象は抜群でも、ちょっと話してみたらなんだかガッカリ、という危険性もある。

子供が生まれて、自分のことにだけ構っていられなくなったママさんが途端に劣化してしまうのは、グループ1の典型。

 

 

対する、グループ2。

彼らも、素敵なアイテムを身に付けることもある。で、それらはないよりはいい。

でも、ハッキリいって、それはおまけだ。

彼らはどうあってもどこにいても何をしても、なぜか魅力的だ。

体型や顔の造形、経済力や置かれている状況などは、一切関係ない。

私は貧富の差が歴然とする外国に住んでいるが、

いわゆる美形でなくとも、そしてスラム街出身でも、驚くほどカッコいい人というのは確かに存在する。

 

なぜか?

ざっと思いつくのは、これらの共通点だ。

 

1.姿勢が良い

2. 表情が良い

3.目力がある

4.人生に前向きである

5.健全である

 

簡単なようで、実はこの1つ1つは、非常に奥が深い。

そして、これら5つは密接に繋がっている。

でも、難しいことは置いておいて簡単にまとめると

内面が充実すると、外見に揺るがないカッコよさが

が出るということだ。

 

外見を磨けば、自信が付き、内面も変わる。

これはグループ1。

やらないよりは、やったほうがいい。

 

でも、内面を充実させると、チマチマしたことは特にしなくても、

なぜかどーんと見た目もカッコよくなる。

これが、グループ2。

 

グループ2の在り方は抽象的で、やり方もいまいちわからない。

だから皆、グループ1に飛びつくのだろうね。目に見えるだけ、こちらのほうが簡単。

 

でも、少しずつでもいい。

体や心に有害なものを減らすように努め

家族や友人など、誰でもいいから大切な人への愛情を感じ(ペットでもいいかも)

諦めていた、自分が心からやりたいことや目標を拾いなおし

だらだらと、言い訳で満ちた生き方を軌道修正してみない?

 

周りの条件が変わったぐらいではビクともしない、味のあるカッコよさが出る。

それは、貴方の生き方そのものともいえる。