アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

遅咲きの子供

私は、精神年齢が普通一般より10歳ぐらい遅れているようだ。

 

大人になるとその辺の違いは余り意味がなくなるが、

子供時代は明確にその差が見えていたように思える。

 

例えば、大人びたクラスメートが恋愛ドラマを見始める10歳頃

私は、幼児番組(お母さんといっしょ、等)を好んで観ていた。

 

中学1年になっても、シルバニアファミリーで人形遊びをしていた。

 

進研ゼミの進路相談で、「希望の職業」の欄に、

「イルカの調教師になりたい」と書いた。

 

担当者の困惑した顔が目に浮かぶ...大学の水産学部への進学を推薦されたっけ(笑)

 

f:id:purestrongbeauty:20170717010005j:plain

 

幸い、幼い頃から本格的にスポーツをしていたし、

それなりに切り替えをして、現実世界にも対応出来ていたけれど、

まあとにかく夢見ることが多い、幼い子供・ティーンエイジャーだった。

 

そんな私には、高校3年になっても、ハッキリとした進路は見えていなかった。

(何しろ、外見17歳でも、精神年齢は7歳だからね 笑)

 

こんな思いで大学に行き、親に学費を払わせるのは悪い。

大学→企業就職、の図が将来形成には一番、というのは勿論正論。

でも、人生というのはもっと人間臭いぐちゃっとしたものであり、

そんな綺麗な計画通りにいくものではないだろう。

敷かれたレール以外にも、何かあるはずだ...

 

茫然とした思いの中で、そんなことを17歳の私は考えていた。

 

学校・親・私の三者面談で、「大学に行かない」と言う私に、担任は怒った。

そこでの、父親の言葉。

「先生、先生のご心配はわかりますけどね...

この子はね、遅咲きなんですよ。

いつか、この子なりの時間が来たら、何かやるだろうって、信じてますよ」

 

 

40代の今...  精神年齢30代の私は、お気楽でポジティブだ。

精神年齢が「遅れている」というより、「若い」と、褒めていただくときもある。

勿論、体や責任は40代のものなので、その辺りのバランスはキチンと考える。

でも、「もう40代だから...」と老けた考えが出てこないのは、

遅咲きの特権かもしれない。