アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

キャバレーの舞台裏

今から20年程前、母と、ホテルのロビーの化粧室で、

一緒に鏡を目の前にしたことがある。

 

家族ぐるみの知人とのディナーの前に、

「トイレに行っておくね」、「あ、私も行っとこうかな」となったのだ。

 

f:id:purestrongbeauty:20170603100650j:plain

「なんかあたしたち、キャバレーの楽屋で出番待ちしてる女みたいね」と、母。

キャバレーって...(古い 笑)

 

並んでみると、母と私はやはり全く違う。

外見も、雰囲気も。

色黒、大柄、体育会系で、全てにノリと根性を求める私と、

色白ですらっとして女らしく、上品な母。

 

でも、時々、こういうことさらっと言ってのける、面白い人なのだ。

 

「わたし、今、凄いモテ期でさ~。」

どういう話の流れでそういう話題になったのかは知らないけれど、

ピカピカの20代だった私は、母に言った。

 

「へえ」

母は笑って、またさらっと一言。

 

「これぞ、という一人にモテるほうが凄いと思うけどね」

 

どうでもいい男に沢山言い寄られて、統計上でナンバーワンになるより、

自分が心から大切に思う人に、

「貴方がオンリーワン」と言ってもらえる女になるほうが難しい。

現代的に言うと、Facebookに登録された男友達が何千人いたところで、

その中の誰にも「本命」と思われていないとしたら...

 

母はあの時、決して母親顔して、

「はしたない!一人にして、結婚しなさい」とたしなめたかった訳ではない。

若い女ざかり(?)の娘に嫉妬したわけでもない。

そんなつまらないことは言わない、超越した女なのだ。

 

私は、母の言葉の意味を、20年後にしてやっと理解しつつある。