アラフォー国際結婚ワ―ママの「清く、強く、美しく!」

小手先テクには興味なし!筋トレと良い習慣の取り入れからなる 「清く、強く、美しい」 大人の女性化計画進行中~!

自分探し

「え?雨がこんなに降っているのに、ジム行くの?信じらんない!」

 

同僚の20代の女の子が、ランチタイムにいそいそと支度をする私を見て、目を丸くして驚く。

 

それにつられて、周りも私を見る。

 

f:id:purestrongbeauty:20170827080830j:plain

 

私は、余程のことがない限り、最低でも週3回はジムに行く。

雨なんて、なんてことない。恐らく台風でも行くだろう。

同僚の内では、「あの人はお昼はジム」というのは、もう暗黙の了解となっている。

 

皆、内心、どう思っているんだろう。

「意志が強いね!」「健康に気を付けていて、感心だね」が建前だけど、

本音の本音は、「アラフォーさん、体系維持に必至だね~」かな(笑)?

 そこまでしなくても、って笑われているかも。

 

でも、全然気にならない。

強がっているわけではなく、本当に気にならないのだ。

 

私は最近、「自分は、ジムに行って筋トレをするのが好きな人間なのだ」と確信を持った。

その時から、筋トレは、明確に私の人生の上での優先項目の一つとなった。

そうしたら、驚くほど、周りの反応や意見は気にならなくなった。

そして、圧倒的に、生きやすくなった。

もう資格取りとか料理の腕を上げるとか仕事で昇進するとか、そういうことはどうでもよくなり、やることとやらなくていいことがハッキリしたからだ。

 

自分が生きる上で何がしたいのかが良くわからなかった時、

つまり、俗にいう「自分探し」をしていた頃、

周りの人が持っているものや、やっていること、それらが常に気になった。

 

皆、私が持っていないものを持っているように見えて、

羨ましくて、内心嫉妬して、

影響されたり、真似したり、逆にわざと見ないようにしたり。

あれもこれも試して、努力してみて、いつも疲れていた。

いつも「これじゃない」「何か足りない」気が拭えなかった。

アラフォーになって、もう取り返しがつかないのでは?と絶望した。

 

人生でやりたいこと、というのは、壮大でないといけない気がした。

それこそ、世界平和とか、国際協力とか、社会貢献とか。

それらを、職業としてつきつめて、フォーマルな形で達成しなければいけないのでは、

と勝手に思っていた。

でなければ、結婚や出産等の、「人生の大イベント」が起きれば、その穴が埋まり、しっくりくるのではないかとも期待した。

でも、結婚しても同じだった。

子供が出来ても、同じだった。

 

 ハッキリ言って、筋トレだけでは具体的になにが「自分」なのか、まだよくわからない。

筋トレを通じた「人生でやりたいこと」が何なのかも、良くわからない。

でも、それでも確実に前進している感がある。

 

なぜ筋トレが好きなのかというと、それは、単純に運動が好きだからというのもあるけれど、やれば必ず自分の体系が理想に近づくのが楽しいし嬉しいからだ。

では、ボディメイクを通じて、本質的には何がしたいの?と言われると、答えに詰まる。

別にモデルやトレーナーを目指しているわけでもないし、自慢したいとかモテたいとかでもない。

強くてきれいな女性が好きで、それを自分なりに体現したい、が、正直な答えだろうか。

完全に自己満足の世界だ。

でも、それでいいんじゃない?と思うようになったのは、本当に最近のことだ。

前は、それに何となく気づいていても、恥ずかしくて自分自身で認められなかった。

 

自分探しなんて、自分に本当に正直に、自分の好きなことに素直になれば、

案外直ぐに見つかる気がする。

 

で、本当に好きな事を好きと認めて、堂々とやり始めると

周りは始めこそちょっとうるさくなるけど

そのうち、「あ、こいつ本気だ」と、一目置いてくれるようになる。

それが自分のキャラになる。

そして、それは、自分の好きなものであるので、自分でも違和感がなく、しっくりくる。

そう言われること、見られることが、しっくりくる。

自分、見つけた。

 

貴方は、何が好き?